流量計や残土処理のイメージを覆す|最先端技術が凝縮

作業員

必殺仕分け機器

作業員

残土処理や土質改良プラントなどではふるい機やショベルカー、ベルトコンベアなどの建設機械を使うことが多くあります。これらは建設現場や採石場などで使われることが多くある機器になります。中でも活躍するのがふるい機です。ふるい機は、残土を振るって分別を行ないます。そうすることで再利用できる土に改良することができるのです。資源を再利用するためには、このふるい機が必要になるのです。
ショベルカーによって掘り出された土の中には、コンクリート片や鉄、岩、石などが交じり合っており、大きさの違う岩や石が入っています。いろいろな物が混ざっていることで再利用することはできず、ただのゴミになってしまいます。しかし、残土処理を行なうことで鉄は鉄、大きな岩は粉砕機によって小さくなり、ふるい機にかけられ、同じサイズごとに振り分けられるようになります。振り分けるときには、ベルトコンベアが大活躍します。石のサイズごとに分別をすることができるようになり、大きな一つの山にできます。
またこれらの建設機械には、いろいろな種類があります。さらに能力も異なります。そのため、導入を考えている際には、現場の多きさや処理の規模などによって、適切な機器選びが大切になってきます。選ぶ際には専門家に相談をするといいでしょう。コストがかからないようにレンタルをすることもできますし、購入する場合は、現場にあった特殊機械を紹介してくれます。そのためにも現場調査を行ない、要望などを聞いてくれる業者を探すといいでしょう。

Copyright© 2015 流量計や残土処理のイメージを覆す|最先端技術が凝縮All Rights Reserved.