流量計や残土処理のイメージを覆す|最先端技術が凝縮

作業員

漁獲量が増加する

エアコン

漁業では、ITとロボット技術を取り入れて最新の特殊機器を使っています。それが魚群探知機です。魚群探知機は、船の上から魚群を見つけられる仕組みになっています。モニターを見ながら魚の群れを見つけられるのです。見つけた魚群は網や一本釣りなどで捕まえるようになります。この魚群探知機によって漁獲量が大きく伸びており、漁業を支えている特殊機器になっています。
この魚群探知機では、超音波を利用して魚がいる位置を知ることができるようになっています。超音波の周波数によって、広さや深さなどが変えられるようになっており、深い場所にいる魚や浅くて広い範囲に魚の群れがいるなどが判別することができるのです。これらの技術はこれからも発展すると思われており、漁業だけでなく、海を研究している業界などでも活躍するでしょう。イルカのように超音波を使って魚の大きさや種類などがわかるように発展することで漁業もとても盛り上がるでしょう。
これらの魚群探知機をまだ導入していないのであれば、専門家に相談をして検討するといいでしょう。魚の群れがモニターによって見える化をすることができるので効率よく仕掛けをすることができますし、捕まえることができるでしょう。
さらに、魚群探知機を装着した海上ロボットなどを利用することで人では行くことが難しい場所でも魚群を見つけられるようになり、いろいろなデータ取りを行なえるようになるでしょう。将来的には自動で釣りを行なえるようになる時代も来るでしょう。

Copyright© 2015 流量計や残土処理のイメージを覆す|最先端技術が凝縮All Rights Reserved.